大賞賞金5万円!日本三大祭・天神祭を祝い開催される天神祭献詠短歌大賞!

第七回天神祭献詠短歌大賞 ご報告とお礼

このたびは第七回天神祭献詠短歌大賞にご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる審査の結果、受賞・入選作品は以下の通りとなりました。

○一般部門
大賞
我が想い君へ届けとうたかたの水の都に鉾流れ行く
(金子瑞穂)

香川ヒサ賞
西鶴も近松も観し祭の燈今宵いくつの恋の焦がるる(凜 七星)

加藤治郎賞
父親の懐に身を委ねつつ三つ編みの子が眺める船渡御(大江美典)

高田ほのか賞
着飾れば生者も死者も隔てなく天神祭の一夜楽しむ
(田中 晶)

天神橋筋商店連合会賞
日本一ながい商店街あゆみたり天満宮の神馬に逢いに
(東尾喜代美)

大阪天満宮賞
樟脳の香り目に染む朝顔の浴衣祖母から母へ私へ
(山田三夫)

○子ども部門
大賞
うちあがる大きな花火は照らしてる僕らの町を僕の心を
(香林魁洵)

香川ヒサ賞
バス停に律儀に止まるバスの中なかなか着けない祭りを思う(山田達也)

加藤治郎賞
夏の夜二人が歩くかげ映るかげの間にわたがしひとつ(高本梨央)

高田ほのか賞
ゆかた着てあなたを見つけ歩き出す笑うあなたをうちわであおぐ(三輪結菜)

天神橋筋商店連合会賞
花火師の想いがこもった花火には数秒だけの命が宿る(横井 優)

大阪天満宮賞
ちょうちんを船にのせてる船渡御だ道真さんが見守ってるよ(朱 示温)

第七回天神祭献詠短歌大賞 入賞・入選作品一覧

去る8月27日には、大阪天満宮にて授賞式を挙行いたしました。
また、引き続き行われた献詠式では、皆様がご応募くださったすべての短歌を菅原道真公に献詠いたしました。
式典の様子はFacebookなどでもご覧いただけます。

最後になりましたが、天神祭献詠短歌大賞は、投稿者ひとりひとりのご応募に支えられております。
素晴らしい作品をご投稿いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。
また、来年度のご応募も心よりお待ち申し上げております。