大賞賞金5万円!日本三大祭・天神祭を祝い開催される天神祭献詠短歌大賞!

第八回天神祭献詠短歌大賞 ご報告とお礼

このたびは第八回天神祭献詠短歌大賞にご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる審査の結果、受賞・入選作品は以下の通りとなりました。

○一般部門
大賞
ゆめと書く幼児の手に手を添えて天神様のご加護を祈る
(村上建夫)

香川ヒサ賞
クマゼミの鳴きて浪花に夏告げる天神さんを揺り起こすごと(林 博史)

加藤治郎賞
「ねえ花火きれいだったね」硝煙はぼくらの夏を過去形にする(逢)

高田ほのか賞
暮れぬ間に湯をたてやれば首傾げ吾子が差し出す天花粉一缶
(大江美典)

天神橋筋商店連合会賞
かき氷 「シロップ自由」 それを見て 全色かける 小5の男子
(福井春菜)

大阪天満宮賞
民草のざわめく祭りに注連縄の内より神も楽しからずや
(瀬戸内 光)

○子ども部門
大賞
人の波かきわけながら追う背中気づけば消えゆく花火のように
(西岡 陽)

香川ヒサ賞
夏の夜 空に上がった 花火には すいかひまわり キティもハロー(宮口真緒)

加藤治郎賞
くるくるとおどるかさからのぞき見るやたいにならぶ氷とお面(広田智成)

高田ほのか賞
ゆかた着て打ち上げ花火見ているとまるで夜空が呼んでるのかな(平田清一郎)

天神橋筋商店連合会賞
牛さんをなでればぜったいえらくなりみんなけんこうでげんきにいれる(江口昊希)

大阪天満宮賞
夏の夜に赤い花びら高く舞う散っていく頃変わりゆく風(長谷美咲妃)

第八回天神祭献詠短歌大賞 入賞・入選作品一覧

去る9月2日、大阪天満宮にて授賞式を挙行いたしました。
また、引き続き行われた献詠式では、皆様がご応募くださったすべての短歌を菅原道真
公に献詠いたしました。

最後になりましたが、天神祭献詠短歌大賞は、投稿者ひとりひとりのご応募に支えられ
ております。
素晴らしい作品をご投稿いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。
また、来年度のご応募も心よりお待ち申し上げております。