大賞賞金5万円!日本三大祭・天神祭を祝い開催される天神祭献詠短歌大賞!

第九回天神祭献詠短歌大賞 ご報告とお礼

このたびは第九回天神祭献詠短歌大賞にご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる審査の結果、受賞・入選作品は以下の通りとなりました。

○一般部門
大賞
ざわめきも汗も吐息も装いも天神さまのまなざしの中
(大内星乃)

香川ヒサ賞
忘れない「平成」最後の天神さん 夜空の眩さあなたの匂い(伊藤賢治)

加藤治郎賞
花火より一秒早く「好き」を言い真夏の音がかき消していく(野呂裕樹)

高田ほのか賞
町内の子供が急に増えている祭囃子になつかしい顔
(周防律子)

天神橋筋商店街賞
天四の アーケード成りて 二十年 平成最後の 総会も晴れ
(堀 裕彦)

大阪天満宮賞
笛の音とともに漕ぎ出づ斎船民安けくと鉾流れゆく
(好井晶子)

○子ども部門
大賞
闇の中花火が照らす我が家族顔も心も同じ色だな
(横溝麻志穂)

香川ヒサ賞
汗流し練習してきた篠笛で輝かせたい踊り子たちを(岡坂陽菜)

加藤治郎賞
君がいない初めての夏寂しくて花火見ながら何を思うだろう(杉本美優)

高田ほのか賞
向こうから うるさいぐらい 音がする それでも思う やまないように(野中美奈)

天神橋筋商店街賞
休みの日 商店街が にぎわう日 この日はみんな 気持ちを変える(山口大雅)

大阪天満宮賞
かさおどり たいこにふえに たけのおと いろんなおとが ひびききこえる(上原怜笑)

第九回天神祭献詠短歌大賞 入賞・入選作品一覧

去る9月1日、大阪天満宮にて授賞式を挙行いたしました。
また、引き続き行われた献詠式では、皆様がご応募くださったすべての短歌を菅原道真
公に献詠いたしました。

最後になりましたが、天神祭献詠短歌大賞は、投稿者ひとりひとりのご応募に支えられ
ております。
素晴らしい作品をご投稿いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。
また、来年度のご応募も心よりお待ち申し上げております。