大賞賞金5万円!日本三大祭・天神祭を祝い開催される天神祭献詠短歌大賞!

第十回天神祭献詠短歌大賞 ご報告とお礼

このたびは第十回天神祭献詠短歌大賞にご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる審査の結果、受賞・入選作品は以下の通りとなりました。

○一般部門
大賞
大阪の八百八橋くぐりたる船は涼しき水脈を曳きゆく
(小松丈夫)

香川ヒサ賞
きみの生まれた町のまつりにゆく きみの生まれた町のかみさまに会ふ(有村桔梗)

加藤治郎賞
大川の千の団扇がかろやかに花火の匂いの風かき回す(toron*)

高田ほのか賞
とりどりの作り笑顔の面を売る女の闇をひとつください
(龍田憲兒)

天神橋筋商店街賞
獅子頭踊らせ十丁ねり歩く青年達は汗とび散らし
(家治綾子)

大阪天満宮賞
肩車ゆられて伸ばす小さき手 追いて焦がれる玉神輿かな
(うすい あさぎ)

○子ども部門
大賞
かさおどりすずなりひびき始まった令和最初の天神祭
(田中 舞)

香川ヒサ賞
夏の夜男がかつぐおみこしは空で暴れる竜のごとし(神谷雄太)

加藤治郎賞
あがるたび歓声起こる人波の中に聞こえる君の息づかい(野山絢華)

高田ほのか賞
夏祭り私と家族話したり花火のような顔をしている(林 思彤)

天神橋筋商店街賞
雲のない祭りの昼の青空に届けるようにみこしを上げる(榊本一葵)

大阪天満宮賞
これが最後前を向いて踊り出す少し寂しくとても楽しく(横山七桜)

第十回天神祭献詠短歌大賞 入賞・入選作品一覧
天神祭献詠短歌大賞に寄せて

去る9月7日、大阪天満宮にて授賞式を挙行いたしました。
また、引き続き行われた献詠式では、皆様がご応募くださったすべての短歌を菅原道真
公に献詠いたしました。

最後になりましたが、天神祭献詠短歌大賞は、投稿者ひとりひとりのご応募に支えられ
てまいりました。
素晴らしい作品をご投稿いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。